仏教 × 暗号通貨

mar. 4 décembre à 11:30

Fuseau horaire : Paris (GMT+01:00)

新宿御苑フリースペース
Tokyo
Japon
Tokyo

■現代の日本を代表する経営者、稲盛和夫さんの代表的な著作に

『生き方』という本があります。 出版から10年以上たっても、よく話題にされ、

平積みになっているところも見かけます。 稲盛さんは、「哲学」を大変重く見て、私たち一人ひとりが

「哲学」を持つことが、現代を生きる上で、とても大切だと

繰り返し訴えています。 この『生き方』の中に、稲盛さん自身がこのように書かれています。 「人間として正しい生き方を志し、ひたすら貫きつづける。

それが、いま私たちにもっとも求められていることではないでしょうか。

それこそが、私たち一人ひとりの人生を成功と栄光に導き、

また人類に平和と幸福をもたらす王道なのです。

本書は、そのような人生を生きるための手引書であると考えて

いただければよいと思います」 本書には稲盛さん自身が実践し、特に大事と思われた考え方や

価値観、倫理観が多く紹介されています。 その中で、 「トルストイも感嘆した

仏教説話が描く人間の欲深さ」 と題して、ある仏教のたとえ話が紹介されています。 それは、人生を「旅」にたとえ、私たちは「旅人」のような

ものだ、と言われているものです。 ■なぜ、人生を「旅」にたとえられているのか? 人間を「旅人」と理解すると、何が見えるのか? 古くは和歌や古典、現代の小説や歌などでも、人生を「旅」に、

人間を「旅人」にたとえるものは大変多くあります。 なぜ、そこまで言い続けられているのでしょうか。 ここで、その理由と、それによって得られる人生の深い

学びを受け取っていただければと思います。 ■また、『生き方』の中では 「指針なき選択は

海図を持たない航海のようなものであり、 哲学不在の行動は

灯火もなしに暗い夜道を進むようなもの」 とも言われています。 哲学なしに生きるのは、真っ暗な道を明かり無しに歩く

ようなもので、不安しかありません。 では、ここで言われる「哲学」とはどのようなものなのでしょうか。

言い換えると、どのような考え方を持つことで、

先の見えない不安定な世の中でも、安心して生きてゆけるのでしょうか。 単なる机上の空論ではなく、生きた「哲学」、

つまり生きてゆく上での判断基準、原理原則となるもの、 そういう人生観を提供できればと思います。 ★前回も大好評だった仏教 × 暗号通貨。 利益追及のあまり、人間はつい大切なことを忘れがちではないでしょうか? 投資に関わる者すべて人間です。 人間をよく哲学し探求をした分だけ、投資の実績は安定し人間的な感情から解放されるものだと認識しています。 今回もこの不思議な掛け合わせで、一見難しそうなこの両者の"入り口"をわかりやすく解説していきます。 < 本セミナーの注意事項 > ・他のセミナー関連のサイトにもアップしているため参加可能人数が変動します。 ・MLM、宗教の勧誘の方は参加出来ません。 ・有識者・有力者の参加が見込まれます。

マナーを守らない方は見つけ次第退場して頂きます。 ・セミナー代( お気持ち¥1,000〜 )頂きます。 ・セミナー後は恒例のKAWANA食堂を開催しネットワーキングの時間を設けます。(お1人 ¥1,000〜1,500) アルコール類はご持参ください。 ・当会場はレジデンスです。

https://peraichi.com/landing_pages/view/x6kto ご来場お待ちしております✨

Source: https://www.meetup.com/fr-FR/Tokyo-Philosophy-Club-Group/events/256193406/


新宿御苑フリースペース
Tokyo
Japon

Livre
Nous avons temporairement désactivé la possibilité de naviguer vers les tags.