宇宙蝉: The Cicada Project - make a Sprite picosatellite write poetry

sam. 25 août à 05:00

Fuseau horaire : Paris (GMT+02:00)

Nishiogi Place
Suginami-ku
Japon
Tokyo

This event will bring poets and programmers together to generate poetry from the KickSat Sprite, a tiny satellite. Our first sprite was never born. It vaporized when Kicksat-1 became a crematorium, burning up in Earth's atmosphere during reentry. Our second sprite is Cicada. The project here is to give Cicada a way to sing from outer space. We can not "call the tune". The melody must be in the radio spectrum. However, we can let Cicada write lyrics. このイベントには、非常に小さい衛星の KickSat Sprite から詩を生成する詩人とプログラマーが参加します。 私たちの最初のスプライトは、うまくいきませんでした。Kicksat-1が焼却棟となって気化してしまい、大気圏再突入の際に地球の大気で燃え尽きてしまいました。 この2度目のスプライトは、Cicada(セミ)という名前がつけられています。 このプロジェクトは、Cicadaに宇宙で歌を歌わせます。 私たちはそれを「call the tune(思い通り)」にできるわけではありません。メロディーは無線のスペクトル内になければなりません。 しかし、私たちはCicadaに歌詞を書き込むことができます。 The theme of the cicada project is "Ars longa, vita brevis". ("Art lives long, life is short.") The life of an artist is a difficult path. It is a path through the air, with wingbeats in the air of society. Sometimes, artists feel that the social air is too thin to support flight. Most art grows out of cross-fertilization of ideas. These moments are often brief, and can seem almost random, like when two cicadas bump into each other in flight. Artistic cross-fertilization must be taken wherever artists can get chances -- just as a cicada gets only a few brief chances to mate. A cicada sings and flies in order to attract a mate, and when cicadas are successful in this, their DNA gets propagated from one August to the next August. KickSat-2 Sprites won't last long, and will die fiery deaths. Our hope is that cicada, just through its songs, will lay a batch of eggs (conceptual eggs) in many minds, so that Sprites can fly again, and sing again. Cicadaプロジェクトのテーマは " Ars longa、vita brevis "です。 (「アートは長く、人生は短い」)アーティストの人生は難しい道です。 それは社会の空気の中で羽ばたきながら、道をつくっていくことです。 アーティストは時々、社会の空気は、飛行を支えるには薄すぎると感じます。 ほとんどの芸術はアイデアの相互受精から生まれます。 この瞬間はいつも短時間で、飛行中に2つの蝉が互いに衝突した時のように、ランダムに見えることがあります。 アーティストがチャンスを得るには、蝉が出会うのに短いチャンスしかないのと同じように、芸術的な異種交配が必要です。 セミは仲間を引き寄せるために歌い、飛び、相手を見つけるのに成功すると、そのDNAは8月から翌年の8月へと伝わっていきます。 KickSat-2 Sprites の寿命は短く、すぐに灼熱の死を迎えます。 私たちの願いは、セミがその歌を通じて、多くの人の心の中に卵(概念的な卵)を産み付け、スプライトが再び飛び、歌えるようにすることです。 The starting point for cicada's software will be the ARTSAT DESPATCH poetry-generating code, written in C for Arduino. In 2014, DESPATCH transmitted poems back to Earth from a sculpture sent to space. These poems were generated based on readings from some DESPATCH sensors, specificallly the temperature sensor and the accelerometer. We will re-use as much of this code as possible. To attempt this code re-use is a kind of homage we pay to ARTSAT. "Ars longa, vita brevis". This is the kind of DNA we want. ソフトウェアの出発点はArduinoのC言語で書かれたARTSAT DESPATCHの詩生成コードです。 2014年、DESPATCHは宇宙に送られた彫刻から詩を地球に送り返しました。 これらの詩は、いくつかのDESPATCHセンサー、特に温度センサーと加速度センサーからの読み取りに基づいて生成されました。 できるだけこのコードを再利用します。 このコードを再利用しようとするのは、ARTSATを支払うことの一種の敬意です。 "Ars longa、vita brevis"。 これは私たちが望むDNAの一種です。 Our cicada has a temperature sensor and an accelerometer, but also a magnetometer. (Humans are born with no internal compass. We know that some insects have a magnetism sense. We don't know whether these insects ever feel poetic about these sensations.) In low Earth orbit, Cicada's magnetometer will sense Earth's magnetic field strength. We may be able to go beyond what DESPATCH did in composing poetry. 私たちの蝉には温度センサーと加速度センサーがありますが、磁力計もあります。 (人間は内部のコンパスなしで生まれていますが、昆虫の中には磁気感覚があることがわかりますが、これらの昆虫がこれらの感覚を詩的に感じているかどうかはわかりません)Cicadaの磁力計は地球の低軌道で地球の磁場強度を感知します。 私たちは、詩を構成するときにDESPATCHがしたことを超えて進むことができるかもしれません。 All of cicada's sensor readings will vary dramatically during cicada's lifetime. There will be "birth": this is when cicada's is "kicked" from KickSat-2. There is "death": when cicada will begin reentry. Then there is cicada's lifespan: when it's flying free in orbit, spiraling towards Earth. Like cicadas on Earth, the life of Project Persephone's cicada will be brief -- probably only a few days. This orbit provides only a short "window of opportunity" to "hear" the cicada. The cicada can compose, and then "sing". The cicada will be singing the poem to people on Earth, but at radio frequencies. Will people get a chance to hear the song? 蝉のセンサーの読み取り値はすべて、蝉の寿命の間に劇的に変化します。 「誕生」があります:これは、蝉がKickSat-2から「蹴られた」時です。 蝉が再入門を開始するとき、「死」があります。 それから、蝉の寿命があります:それは、軌道上を自由に飛行し、地球に向かって渦巻いています。 地球上のセミのように、プロジェクト・ペルセフォンの蝉の生命は短くて、おそらくほんの数日です。 この軌道は、蝉を「聞く」ための短い「機会の窓」しか提供しない。 蝉は作曲して「歌う」ことができます。 蝉は、地球上の人々に、しかし無線周波数で詩を歌います。 人々は歌を聞く機会を得ますか? Whether you are a poet or a programmer, please join us. あなたが詩人であろうとプログラマーであろうと、私たちに加わってください。

Source: https://www.meetup.com/fr-FR/Project-Persephone/events/252925011/


Nishiogi Place
Suginami-ku
Japon

Education Conférence
Nous avons temporairement désactivé la possibilité de naviguer vers les tags.