【第167回】金沢歴活「知っておきたい幕末維新史④西郷隆盛を生んだ薩摩国と島津家の歴史Ⅱ」
金沢歴活

Évènement indisponible.

Selon le cas, de nouvelles dates appraîtront bientôt ou l'activité proposée sera définitivement supprimée.

jeu. 16/11/2017 de 7h10 à 8h10/strike>

Cafe 素都
金沢市彦三町1丁目8-26
920-0901 Kanazawa-shi
Japan
歴活代表の安藤竜(アンドリュー)です。
次回の歴活は山本晃司さんの幕末シリーズです。
9月にお話した時は島津家の起源(源頼朝公のご落胤説)から関ヶ原合戦では西軍として参戦し負け組であったにも関わらず本領安堵を勝ち取った、徳川幕府の時代が始まるまでの歴史に触れました。
今回は徳川の世になってからの歴史を語ります。
潜在的敵国として常に徳川幕府からの無理難題を押し付けられた薩摩藩。
木曽三川治水事業で多大な負担を強いられた薩摩藩が打った「ある仕掛け」がその後の島津家を丁重に扱わざるを得なくさせました。その策とは?
その策を実行した8代藩主重豪の自藩に及ぼした功罪とは?
重豪の期待を一身に受けた曾孫・斉彬。幕末の名君と評価される斉彬ですが藩主の座につくには最大の敵実父・斉興の妨害工作に打ち勝たねばなりませんでした。
圧倒的不利な状況から逆転勝利、藩主就任を勝ち取った秘訣とは?
歴史の表舞台に立つ事はあり得ない下級身分だった西郷隆盛を大抜擢した島津斉彬が表舞台に出るまでの歴史を今回は取り上げます。
幕末の名君・島津斉彬を知らずして西郷隆盛を、そしてペリー来航の激動期の時代を理解することが出来ません。
今回も波瀾万丈のエピソード満載の回になります。
どうぞお楽しみに。
ご興味湧いた方は気楽にご参加くださいね。
7時過ぎから8時くらいまで講師によるお話。
その後、モーニングをいただきながらおしゃべりしましょう。
モーニング食べる暇がない!
って方は事前に言っていただければ、コーヒーだけで途中抜けも可能です。もちろん遅刻も可。
どうぞお気軽にお越しくださいね。
【日程】
11月16日(木)朝7:00〜8:00
*スタートはいつも7:10くらいからになります。
【会場】
Cafe素都【夜はbar長屋】
※彦三緑地の隣
http://s.tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17008554/
【料金】
モーニング代600円+資料代100円
【講師】
レギュラー講師山本晃司氏
*申し訳ございませんが会場のキャパの問題で、定員をもうけさせていただいております。
【定員】FB(当イベントページ)  :8名まで 
    FB外(メッセージでの参加):2
Source: www.facebook.com