【要事前申込】東京社会福祉士会 災害福祉委員会 企画 ワークショップ 「今 やろう」
おおた社会福祉士会

mer. 20/09/2017 de 19h00 à 20h30

Fuseau horaire : Tokyo (GMT+09:00)

大田区消費者生活センター
蒲田五丁目13番26号の101
144-0052 Ota-ku
Japan
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[おおた社会福祉士会9月定例会]
(公社)東京社会福祉士会 災害福祉委員会 企画 ワークショップ 「今 やろう」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 「30年以内に70%の確率で発生すると予測されている、首都直下地震。あなたは、その準備ができていますか」
(『東京防災』より)
 東京社会福祉士会災害福祉委員会は、大規模災害時及び平常時におけるソーシャルワークの在り方について調査・研究を行い、災害時の社会福祉士の役割を明らかにするとともに、災害福祉の確立を目指すことを事業目的として活動しています。
 全国各地で震災や台風や洪水等の災害が相次いで発生しています。人命を災害から守り、ソーシャルワーカーとして生活再建に向けての支援を実践し、一人ひとりのエンパワメントと構造的障壁からの解放を目指すための具体的な行動が求められます。
 今回のワークショップでは、防災・減災について意識を高めるきっかけ作りとして、2015年秋に都民1世帯ごとに配付された『東京防災』を活用します。参加者が災害・減災をテーマに意見交換、情報共有をして連携を図ります。災害についての意識を高め、ソーシャルワーカーとしての(あるいはそれぞれの立場における)役割を考えます。
【日 時】2017年9月20日(水)19:00〜20:30(18:45開場)
【会場】大田区消費者生活センター2階 第5集会室
【住所】大田区蒲田 5-13-26  
【交通】JR蒲田駅東口から徒歩5分
  (大田区役所前から川崎方向に約300メートル)
【テーマ】災害福祉委員会 企画 ワークショップ 「今 やろう」
【講師】公益社団法人東京社会福祉士会 災害福祉委員会
【定員】35名
【参加費】500円
【対象】会員の皆様だけでなく、福祉に関わる専門職種の方や、テーマに関心のある方。
【参加申込・お問い合わせ】参加申込・お問い合わせは、おおた社会福祉士会事務局(生駒)までメール(あるいは電話)でお願いします。
[メール]otachikukai@yahoo.co.jp
[電話]090-2147-7073
※Facebookアカウントをお持ちの方は、イベントの「参加予定」ボタンでもOKです!
Source: www.facebook.com